室内は完了です 越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → 2022年3月

1 2 3
2022年03月31日

室内は完了です

こちらは、一昨日からスタートした大房の解体現場です。

外観からは伺えませんが、室内の手壊しが進んでます。

バールを使い器用にボードを剥がしていきます。

ご覧の通り、直ぐにゴミでいっぱいになります。

もちろん、最終的には重機による解体となりますが

少しでも下処理をしておいた方が、後の粉塵が少なくてすみます。

手壊しの場合、重機に比べ騒音はかなり抑えられますので

近隣の方への負担も軽減されます。

とは言え、人力による作業には限界がありますので

これから重機を入れていきます。

建築に比べ、解体は振動騒音共に桁違いのレベルです。

近隣の方にはご迷惑をお掛けしますが

何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

2022年03月29日

写真撮影とソファーの搬入

サクラは咲いてみると、やはり圧倒的な美しさを放ちますね。ここ数日がピークでしょうか。散り際が美しいとか、いや、葉桜もオツだねとか、楽しみ方も様々ですが、今咲かんとするエネルギーの横溢を味わえるつぼみもまた捨てがたいと思います。桜で布を染めるときは、花が咲く前の枝を利用するといいます。そこにエネルギーが充満しているのでしょう。

 

話は変わって、
家を建てる人に支給される補助金といえば、住まい給付金やZEH、地域型グリーン化事業など、さまざまあります。申請すればすぐもらえるというものではなく、なかなか煩瑣な手続きと作業が必要になります。例えば、地域型グリーン化事業補助金申請、その作業のひとつに、写真を撮るということがあります。外観、建具、サッシ、換気設備、水栓、照明設備などをひと通り撮影し報告書類に貼り付けます。その場合に、建物のどこを撮影しているかがわかるように、情報を記入したカードを添えて写します。二日に分けて作業しました。スマホ大活躍です。たくさん撮影したので、初日はバッテリーを使い切ってしまいました。

 

さて、再び話は変わって、

三郷市彦糸1丁目のモデルハウスにソファーとテーブルが搬入されました。

 

すでにダイニングテーブルとチェアは設置済みです。

家具が備え付けられると、そこでの生活が具体的にイメージしやすくなります。とても座り心地の良いソファーです。ぜひ見に来てください。

2022年03月28日

大手ハウスメーカーと工務店の違い

「大手ハウスメーカーと工務店の違いが分からない」

このようにお悩みの方も多くいらっしゃいます。

大手ハウスメーカーと工務店には大きな違いがあります。

そこで大手ハウスメーカーと工務店の違いや

工務店に依頼するメリットについてお話します。

□大手ハウスメーカーと工務店の違いについて

*規模

大手ハウスメーカーは、全国に営業拠点を持っていることが多く、

住宅展示場でモデルハウスを公開しています。

一方で、工務店は規模が小さい傾向にあります。

そのため、地域に寄り添ったサービスを提供しており、

地元の風土に合った家づくりを実現できます。

*住宅プラン

大手ハウスメーカーは、各商品に標準仕様が設けられており、

既に決められた種類の中から商品を選びます。

一方で、工務店の場合には、外観デザインや間取り、

設備や性能をご自身で決められます。

そのため、大手ハウスメーカと比較して

工務店の方が家づくりの自由度が高いと言えるでしょう。

*アフターサービス

大手ハウスメーカーは、独自のアフターサービスを

展開していることが多いです。

定期点検が制度化されているため、

たとえ担当者が変わった場合であっても、

手厚いメンテナンスを受けられます。

工務店は地域密着型であるため、

非常に手厚く細やかに対応してくれます。

□工務店に依頼するメリットについて

1つ目は、コストパフォーマンスが良いことです。

工務店は、ハウスメーカーと比べて

規模が小さい分管理コストを抑えられます。

また、人件費や広告宣伝費を上乗せされる心配もありません。

そのため、原価に近い価格で住宅を建てられるでしょう。

2つ目は、施工の自由度が高いことです。

工務店は、施工に関する制約が少ないため、

使用する設備や建材の融通が利きやすいです。

そのため、ご自身の理想とする住宅を実現しやすいでしょう。

3つ目は、地域密着型でお客様に

寄り添った対応を行っていることです。

工務店は、地域に寄り添ったサービスを提供しています。

地域に寄り添ったサービスを行う上で、

地域の人々との信頼関係は非常に重要です。

そのため、住宅に関するトラブルがあった場合には、早急に対応できます。

また、工務店と自宅の距離が近い場合には、

増築やリフォームに関する相談もしやすいです。

注文住宅を建てる際には、

大手ハウスメーカーと工務店の違いを

しっかり把握しておくことが大切です。

注文住宅をお考えの方は、

当社までお気軽にご相談ください。

2022年03月27日

ほうれん草

先日、外構屋さんから大量のほうれん草を頂きました!

最近、ネギや大根など立て続けにいただいていたのですが

ほうれん草まで作っているなんて知らなかったです!!

ほんとに何でも作れてスゴイです!!いつもありがとうございます(^^)/

しかしながら、ほうれん草料理は自分のレパートリーが少なくて

おひたし、バター炒めくらいしか作れなかったので今回いろいろネットで検索して

ほうれん草と鮭のグラタンを作ってみました。

 

チーズたっぷりのせて案外簡単に美味しくできました(^^)/!!

またほうれん草をもらったら作ってみたいと思います!

 

2022年03月26日

ボリューム満点

今日は事務よりUPします。

昨日のお昼は社内数名で宅配の釜飯を注文し私は

鶏釜飯を選びました!

ご飯の上には一面鶏そぼろが敷き詰められていて

その上に鶏の照り焼きスライスと焼き鳥がすき間なく

並べられボリューム満点でした。

次はかき釜飯を食べてみたいです。

 

 

2022年03月25日

あこがれます

先日、お久しぶりにO様邸にお邪魔しました。

昨年末のお引渡しでしたが、保育園の関係で

奥様とお子様は今月からの合流です。

やっと少し落ち着いてきたとのことで

細かなところを調整します。

収納棚の追加や壁掛けテレビの設置等々です。

ビルトインガレージのリモコンホルダーも

まだでしたが、先にお車が入庫されてました。

車に詳しくないのですが、お車とビルトインガレージの

マッチ度はかなりのものでした。

贅沢な選択肢ではありますが、シャッター式の

ビルトインガレージを自宅に設けることにより

一層お車の購入計画が楽しくなる気がします。

私も自宅にガレージがほしいのですが

母の菜園と物干竿に占拠され、万年月極です。

 

帰りには、綺麗な桜をいただきました。

カウンターが春めいた感じになりました。

2022年03月24日

熱交換換気システム

住宅における熱換気システムには

どのような役割があるかご存知ですか。

熱交換換気システムは、

室内から排出される空気の熱を吸収して、

新しく取り入れた外気に熱を移す仕組みです。

メリットとしてダニやカビを抑制したり、

シックハウス症候群を防いだりします。

熱交換換気システムの役割やメリットを紹介します。

□熱交換換気システムの仕組みとは

換気システムとは、

室内の空気を機械によって強制的に入れ換える仕組みです。

それにより自分で窓を開ける手間が省けます。

強制的な換気の例として、トイレやお風呂場、

キッチンをイメージするとわかりやすいです。

では換気が重要な理由をご存知ですか。

近年は高気密の住宅が増えています。

それにより、結露が発生しやすかったり、

二酸化炭素が溜まりやすかったりする

問題が深刻化しています。

そこで建築基準法によって、

住宅の24時間換気が義務化されました。

また、従来の換気システムは、

部屋の空気が出たり入ったりするため、

季節による外気温の影響を受けやすかったです。

しかし熱交換換気システムを取り入れることで、

この影響を少なくできます。

なぜなら、室内から排出される空気の熱を吸収して、

新しく取り入れた外気に熱を移す機能があるからです。

それにより1年を通して快適に過ごせます。

□熱交換換気システムのメリットと注意点とは

ここでは熱交換換気システムのメリットと注意点を紹介します。

*メリットとは

まずメリットとして以下の3つが挙げられます。

・ダニやカビを抑制

・シックハウス症候群を防止

・汚れている外気をフィルタリングして取り込む

まず換気により通気性が良くなるので

ダニやカビの発生を抑えられます。

そして、ただの換気ではなく熱交換換気なため、

換気に伴う冷暖房のロスを減らせます。

*注意点とは

熱交換換気システムでは、

主に各部屋の排気、給気用にダクトを使います。

そこにカビを防止するための

適切な対策が講じられているか確認しましょう。

確認する点としては、風量が適切に保たれているか、

高機能フィルターが給気吸い込み口に

装備されているかどうかです。

これらの対策がなされていないと、

ホコリがダクト内に溜まるため、

結露が発生してカビの原因になるでしょう。

今回は、熱交換換気システムの

役割やメリットを詳しく紹介しました。

熱交換換気システムには、ダニやカビを抑制したり、

シックハウス症候群を防いだりするメリットがあります。

また、注意点もしっかり押さえておくと良いでしょう。

当社はお客様に合った住宅を細部にまで

こだわって提案しますので、お気軽にご相談ください。

2022年03月22日

コーディネートの極意を見た

冷たい雪混じりの雨が降っています。電力需給ひっ迫警報なるものが出ています。もう何が出てきても驚かない営業より本日アップします。

昨日、お引越しを間近に控えた東越谷6丁目I様邸の写真撮影を行いました。実はお引き渡しからお引越しまでに少し時間がありましたので、すでにダイニングテーブルや椅子、冷蔵庫などは運び込まれていて、撮影の途中にはソファも搬入されました。土日のお休みや直近の三連休を利用して、室内は少しずつ飾られていて、その空間演出の見事さにため息が出ました。カメラマンのU氏がいつもよりちょっと興奮気味だったのは、きっと同じ気持ちだったからだと思います。

インテリアコーディネートというのは、簡単に言えば室内空間のデザインということでしょうが、好きな色だとか好きなテイストだけをバラバラに選んでしまうと、まとまりが無くなってしまったり、逆に同系色スパイラルに落ち込んで地味になってしまったりと難しいものです。

あえて建具や壁の色合いは地味目に抑えておいて、そこにオレンジ色に近い茶色いソファを配置することで、新しい色調を出現させる、そんなテクニックが随所にちりばめられていて、傘立てが白いのも、バルコニーのチェアが緑なのも、1Fトイレの壁面タイルが青いのも、すべてに合点がいった次第です。とても勉強になりました。

撮影日を一日前倒しできて本当に良かったです。

2022年03月21日

マンションと戸建てはどっちが良い?

「マンションと戸建てはどっちが良いのか分からない」

このようにお悩みの方も多くいらっしゃいます。

マンションと戸建てで悩んでいる場合には、

それぞれのメリットを把握することが大切です。

□マンションのメリットについて

1つ目は、建物のメンテナンス費用で

一気に大きな出費がないことです。

マンションの場合は、管理人が建物のメンテナンスに向けて、

入居者に月額で修繕積立金や管理費を集めています。

そのため、屋根の張り替えや外壁塗装

といった定期的なメンテナンスで、

一度に高額な出費をする必要がありません。

2つ目は、管理会社が共有部分の

管理や清掃を行ってくれることです。

マンションのエレベーターやエントランス、

階段といった共有部分は、

管理会社が管理や清掃を行います。

そのため、共有部分に関しては、

入居者が清掃や管理を行う必要がありません。

また、冬場で雪が積もった場合、

管理会社が除雪を行ってくれる可能性があります。

3つ目は、有効面積が広いことです。

マンションは、基本的に1階層のみを使用した物件が中心です。

そのため、室内に階段があるケースは少なく、

その分空間を有効に活用できます。

結果として、部屋を広々と使えるでしょう。

□戸建てのメリットについて

1つ目は、プライバシーを守りながら生活できることです。

戸建ては、マンションに比べて独立性の高い住宅です。

そのため、プライバシーに配慮した暮らしを実現できます。

また、マンションと比較して部屋数も多いため、

家族間のプライバシーに配慮しながら

生活できることもメリットとして挙げられます。

2つ目は、騒音を気にせず生活できることです。

戸建ては建物が独立しているため、

マンションと比べて騒音に悩まされるケースは少ないです。

そのため、騒音トラブルの原因となりやすい

お子様やペットの行動を気にすることなく快適に過ごせるでしょう。

3つ目は、自由にリフォームや建て替えができることです。

マンションの場合は、管理規約の制限がかかる場合があります。

一方で、戸建ての場合は管理規約がないため、

自由にリフォームや建て替えができます。

そのため、家族のライフスタイルに合わせた

マイホームにできるでしょう。

住まいを決める際には、ご自身や家族の

ライフスタイルを考えることが大切です。

 

1 2 3
2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop