<天空の楽園> ヘブンスそのはら 越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → <天空の楽園> ヘブンスそのはら

2017年08月18日

<天空の楽園> ヘブンスそのはら

今日も雨がいつ降ってもおかしくない空模様ですね

昨日、東京で17日連続の雨とのことでしたので

今後の天気予報を見る限り、まだまだ記録更新しそうですね

さて、皆様はお盆休みいかがお過ごしになりましたか?

私は「日本一の星空ナイトツアー」に参加する目的で、家族と昼神温泉に行ってきました。

この写真は到着してすぐに、近くの阿智川で川遊びをしている様子です。

手前センターでは長男が必死に何かを探してますが、気にせず空を見てください。

この時間は何とかなるかな? ダメだったら明日かな? 位な感じです。

3日間の滞在だったのですが、雨パワー抜群の奥さんが一緒なので

初日と2日目と両方のチケットを準備して臨みました。

万が一、2日間ともダメな場合、3日目は現地調達のつもりでした。

こちらの阿智村は、平成18年に環境省から「星が最も輝いて見える場所日本一」に選ばれました。

そこからさらに、標高1400m地点までゴンドラで向かうと、街の光がまったく届かない山頂にて

カウントダウンの後一斉に照明が消灯し、すると手が届きそうな無数の星々が輝き、

満天の星空の下、ガイドによる天体に関する解説が行われます。

簡単に言うとそんなツアーで、こんなイメージ写真です。

山頂に着くなり上空を見まわしますが、なにも見えません。

演出の為、照明で見えづらくしているのだと思い込ませ、いよいよカウントダウンです。

3.2.1 パッと照明が消されると、今までに経験したことのないような真っ暗な空間の中、

何一つ見えません、まさに漆黒の闇!

この暗さだからこそ、晴れていれば美しく星空を見ることができるはずです。

2日目もチャレンジしましたが、何とか一等星が見えたり隠れたりとかなりの曇りです。

さすがに3日目は、朝から雨が降り続いていたので潔くあきらめました。

そんな中、旅館の方からはカッパが手渡され「山の天気は変わりやすいから」を合言葉に

参加者の方は、どんどんバスで出発してゆきます。

これには、おもてなしなのか? 慰めなのか? 同情なのか? 仕事なのか?

わかりませんが、割り切らないとできない職務だと感心させられました。

その先には、きっとあのアナウンサーのような美声のもと、カウントダウンが行われ、

直後、会場全体が静まりかえる。

あの異様な状況を思い出すと、何ともやりきれない気持ちになりました。

今までは、カウントダウン後「ドンッ!!」と盛り上がるパターンしか経験がなかったので、

あの静まり返りつつも、妙なざわつき感はなかなか貴重な経験でした。

とってもキレイなはずなので、いつかまたリベンジしたいと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop