内窓インプラスの施工 越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → 内窓インプラスの施工

2023年05月02日

内窓インプラスの施工

本日、営業よりアップします。

通勤の途中で、ピンク色のツキミソウの花が風に揺れているのを見ました。花が咲いているので正しくはヒルザキツキミソウです。ふと思い出して、岩崎宏美の「月見草」を流しながら運転しました。コンサートではノーマイクで朗々と歌い上げるので有名な名曲。阿久悠の詩に筒美京平が曲をつけました。少し不思議な雰囲気の曲で、一度聴くと忘れることができません。

さて、本日は赤山町のK様邸で、内窓を取り付ける工事を行いました。既存の窓の内側にもう一つ窓を新設したものが内窓です。窓が二つになるので二重窓になります。断熱性・気密性が大幅にアップします。夏や冬の室内が快適になります。

採用したのはLIXILの内窓インプラスです。内側に窓をプラスするからインプラスです。(多分) ちなみにYKKの内窓はプラマード。マドをプラスするからプラマード。(おそらく) さらに三協アルミの内窓はプラメイク。窓をプラスして断熱空間を作るからプラメイク(きっと)・・・メーカー企画室の議論の様子が浮かんできます。

築27年の家ですから、サッシのガラスは単板です。ですから特に冬の寒さが厳しかったようです。部屋の熱の50〜60パーセントは窓から逃げていくといいます。1999年に次世代エネルギー基準が定められ、今でこそ新築戸建のほとんどは複層ガラスを採用していますが、既存住宅の場合、複層ガラスの普及はあまり進んでいません。日本国民の多くは、夏暑く、冬寒い家にいまだに住み続けているわけです。

このままでは光熱費もかかるし、健康にも良くないということで、断熱リフォームは国を挙げてのトレンドとなっています。
今回、K様邸では和室の2部屋とリビング、そしてお風呂に内窓を設置しました。全部で7箇所です。

これが工事前の写真です。

既存の窓枠の内側に、新しいサッシ枠を取り付け、そこにガラス窓をはめ込んでいきます。
建物の一部を破壊することなく、断熱性能を高められるので、非常に効率的ですし、家にも人にも優しい。
これで完成です。

内窓インプラスじしんがペアガラスになっています。さらに既存のサッシと内窓インプラスの間にも、新たな空気層ができるため、二重に断熱性能が期待できます。遮音性能も高まります。和室の場合、障子を外さなければなりませんが、豊かな光が差し込み、前庭の緑が眩しいほどになりました。

これは、お風呂の工事前の写真です。

お風呂が寒いとヒートショックの危険度も上がります。
換気扇だけだったお風呂に、換気乾燥暖房機を導入し、さらに内窓を設置しました。

お風呂の明るさも一段とアップしました。

 

内窓を設置する断熱リフォームについては、補助金が使えます。
経済産業省と環境省が主体となった「先進的窓リノベ事業」は、窓の断熱性能を高める改修工事に対して、最大200万円の補助金が受けられる制度です。
補助金額の高さが魅力的です。

例えば面積が2.8平方メートル以上の大きな窓に内窓を設置した場合に受け取れる補助金は、
SSランク(U値1.1)の内窓には124,000円/枚
Sランク(U値1.5)の内窓には84,000円/枚
Aランク(U値1.9)の内窓には69,000円/枚  となります。

工事費用の半分以上が補助金で賄えるという場合もあると思います。
この機会に断熱リフォームをやってみようかな、という方は急いでください。
補助金の交付申請には諸々の要件があります。
請負契約は年末まででも大丈夫ですが、1,000億円という予算枠があります。
5月2日正午現在で補助金枠の15%が既に埋まっています。

サッシメーカーは、連日内窓の取り付けに奔走しているようです。
7年後の2030年に、家庭からのCO2排出量を2013年度比で約7割削減することを国は目標としていますから、同様の補助金は毎年実施されるかもしれませんが、より良い住環境は早めに手に入れてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop