寒い季節だからこそ 越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → 寒い季節だからこそ

2023年02月07日

寒い季節だからこそ

新聞は4コマ漫画から読みはじめる営業より本日アップします。

 

間取りを図面に落としても、広さや奥行きの感覚はつかみにくいものです。
キッチンとカップボードの間が105センチとあっても、ふたりがすれ違うとき狭いと感じるか、十分と感じるかは、実際に見てみないとわかりません。

先日も建築中の現場におもむいて、玄関の広さや、上がり框の形状などを打ち合わせました。図面を見ていただけではイメージしづらいことでも、足を運ぶことでしっかりイメージできますし、想定していなかったアイデアが浮かぶこともあります。

困った時は体を動かす、ということが大事なんですね。

 

さて、1月17日に上棟した[東越谷8丁目新築]の内部をお見せします。

断熱材アクアフォームの吹き付けが行われる直前の状態です。

[東越谷8丁目新築]へのお問合せも少しずつ増えてきました。

販売はもう少し先になりますが、工事の進捗状況は出来るだけお伝えしようと思います。

 

話は変わって、

立春を過ぎて寒さも落ち着いてきた感じがありますが、

寒いうちにこそやっておきたいことがあります。

こんなものを作りました。

ベニヤ板を使って、高さ90センチの直方体を作りました。

上と下が扉になっていて、パッチン錠で閉められるようにしています。

手品でもはじまりそうな雰囲気です。

扉を開けると中はこんなふうになっています。

300×300の焼き網がセットできます。

上部には横に1本、金属棒を通しています。

最下部には電熱器を置きます。何となく懐かしいですね。部室の片隅にあったストーブがわりの電熱器。

もうお分かりかと思いますが、これ燻製器です。

電熱器の上でチップを熱し、金網の上の食材を燻します。

ただ、燻製の難しいところは温度管理です。

温燻をする場合に、庫内の温度を50から70度に維持すると良いなどと言われますが、そんなこと不可能です。

そこで今回は、機械の力を借りることにしました。

サーモスタットです。電熱器のコンセントをこのサーモスタットに接続し、希望の温度にダイヤルを合わせます。

例えば40度と設定しておけば、庫内が40度を超えると電源が切れ、また温度が下がると電源が入るというようにして、放っておいても燻製ができるという仕掛けです。(理論的には。)
実際にはチップの補充が必要なので、全自動ではありませんし、それでは面白くもないわけですが、むやみやたらに温度が上昇するということは防げます。

今回は試運転なので、食材は投入していません。

うまくいけば、近いうちに完成品をお見せできるかもしれません。

目標はベーコンです。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop