論1 ゴールキーパー  越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → 論1 ゴールキーパー 

2022年12月13日

論1 ゴールキーパー 

本日、営業よりアップします。

娘がビー玉を手のひらに隠して「どっちにはいってる?」と聞いてきます。私は、「うーむ 右だね」とほぼ100%の確率で当てることができます。じっとのぞきこむと、娘はビー玉が入っている方の手をちらとみてしまうからです。ただ最近は、その自分のクセに気づいたらしく、わざと違う方を見て欺こうとします。ちょうどテレビではPK戦をやっていて、きっと同じような駆け引きをしているんだろうなと面白く見ていました。サッカー選手なら、目と軸足で欺くのでしょうか。

テレビで見ていると、PKをはずす方が難しそうに見えますが、実際ゴールから11メートル離れた場所に立てば、まったく違った光景が広がっているのでしょうね。2011年に女子ワールドカップでは、日本はPK戦を制して優勝したのでした。PK戦の時の佐々木監督の笑顔を、森保監督のこわばった顔と比較する記事が印象的でした。なでしこジャパンは本当に楽しそうだったな。

PKをはずすということは逆に言うと、ゴールキーパーが阻止したということです。ゴールキーパーが活躍すれば、ゴールキーパーにあこがれる子どもたちがたくさん出てくるかもしれません。私は小学生の頃にサッカーチームにいましたが、ゴールキーパーにだけはなりたくなかった口です。(痛い・怖い・寒い)でも世の中には、ゴールキーパーがやりたくてやりたくてしようがない人というのがいるらしいのです。もう危険を愛するDNAというしかないですね。スカイダイビングをやりたがる人と同様に。そんなゴールキーパー達に密着したルポがあります。その名も『ゴールキーパー論』。

『ゴールキーパー論』 増島みどり著 講談社現代新書

ゴールキーパー達(サッカーだけでなく水球やハンドボールなども含まれます)が、どんなことを考えてそのポジションを生きているかがよくわかる名著です。抜群に面白かったです。もはやGKは単なるポジションではなく、哲学であり論理学であり幾何学でもあるらしいのです。もし小学生の頃の自分がこの本を読んでいたらGKに立候補していたかもしれません。残念ながら絶版のようなので、読みたい方は古本で探してみてください。

さて、東越谷8丁目に新築戸建を建てることになりました。
昨日、建築確認がおりました。
敷地面積114.02㎡(34.72坪)の角地に3LDKの建物を建てます。
数日中に着工です。
価格未定です。
詳細は追ってお知らせいたしますが、楽しみにしていてください。

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop