建国記念の日 越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → 建国記念の日

2021年02月11日

建国記念の日

今日、2月11日は、国民の祝日「建国記念の日」ですが、

「建国記念日」と間違える人も少なくないかもしれませんが、

“の”が入るので注意したいです。

しかし、「建国記念日」なら文字数が少なく意味も通りそうなのに、

なぜ「記念の日」となって“の”が入るのでしょうか?

理由を知れば、今後は間違える回数が減るかもしれません。

“の”が入っている理由は、調べてみますと「日本が建国した日」として

国民の祝日に決定されたわけではないからです。

国民の祝日に関する法律(平成29年6月16日公布)によりますと、

「建国をしのび、国を愛する心を養う」日であるとされています。

建国した日を祝うとは書かれていません。

つまり、「建国した日」としてではなく、建国そのものを祝う日と解釈できます。

2月11日はもともと、「日本書記」に書かれています、

日本の初代天皇と言われる「神武天皇の即位の日」を表す「紀元節」と呼ばれていました。

しかし戦後、GHQの意向により廃止されたとされます。

その後、1966年に政府が2月11日を「建国そのもの祝う日」として「建国記念の日」に決定。

当時の「第51回国会 衆議院 本会議 第41号

昭和41年4月15日」の国会議事録によると佐藤栄作内閣総理大臣は、

「建国をしのび、国を愛し、国の発展を期するという、

国民ひとしく抱いているその感情を率直に認めて、

そしてこの日を定めようとするものであります」と述べています。

“の”が入るのには、重要な意味が含まれているようです。

 

 

 

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop