基礎着工しました!! 越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → 基礎着工しました!!

2020年12月14日

基礎着工しました!!

ちょうど1週間前に地盤改良工事を

終えたさいたま市見沼区大谷のK様邸の

基礎工事が今日から始まりました。

基礎工事とは、建物と地盤を繋ぐための大切な工程です。

この工程が上手くいっていないと、

建物を建てた後に地盤沈下や倒壊の恐れのある歪みに繋がります。

今回は基礎工事の工程と、注意したいポイントについて説明をします。

■基礎工事の手順とそのチェックポイント一覧

◇地縄
敷地の外周に木杭を打ち込み、

設計基準の高さと同じ高さで建物の周りに囲いを作ります。

この工程をミスすると、建物の位置がずれてしまい隣接する建物に影響を及ぼします。

◇根切り
建設予定地の地面を掘りだし、整地をします。

基礎の土台を作るための最初の工程ですので、

レベルを使用しながら精確に整地します。

◇砕石敷き
砕いた石を敷き、機械を使用して押し固めます。

この工程では地耐力を確保することを主な目的としているため、

しっかりと押し固めないといけません。

◇捨てコン
墨出しを行うためにまんべんなくコンクリートを敷きます。

ここでは強度を出す必要が無いため、養生などは必要ありません。

◇墨出し
捨てコンに建物基礎の位置を正確に印付けていきます。

基礎の位置を決める重要な作業ですので、精確さが求められます。

◇鉄筋組み
鉄筋で基礎の形を作り、鉄筋コンクリートの鉄筋部分を配筋します。

法律で鉄筋の太さや結束線の太さが決まっています。

◇型枠組み
生コンを流し込み、基礎の形を作るための型枠を作成し配置します。

しっかりと結合されていないと、コンクリートが乾く際に

型枠が外れてしまう可能性があります。

◇アンカーボルト設置
基礎と土台を繋ぐためのボルトを設置します。

しっかりと基礎に固定されていないと、設計強度が保てません。

◇生コン打設
基礎のコンクリート部分を流し込みます。

コンクリートの強度を出すために緻密な管理が求められます。

◇型枠バラし
型枠を外し、コンクリート部分のみの基礎が完成します。

ここで最終チェックを行い、大きなクラックやコンクリートの充填不足を確認します。

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop