透湿防水シートの役割 越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → 透湿防水シートの役割

2020年09月10日

透湿防水シートの役割

外壁透湿防水シートは、これらの外壁表面で防ぎきれなかった雨水や、

内部の結露水、あるいは長年の経年劣化で開いたわずから口から入り込んだ雨水が、

構造体にまで達しないようにする大切な役割があります。

外壁材や外壁の表面は1次防水、

それで防ぎきれないものを構造体に入らないようにする

最後の防水層という重要な役割をもっています。

今では、外壁からの雨水の浸入は10年の保証になっていますが、

実はこれらの現象が起こりやすくなるのは保証の切れる10年目以降です。

どちらかというと材料が割れたり隙間が生じたり、

シーリングの割れなど 経年劣化による

外壁の微細な隙間から内部に水が進入する場合がよくあります。

そのようにして入った雨水を最後に構造体に入らないように防ぐ大切なものですから、

目に見えない、隠れてしまうものですが、建物の重要な工事の一つといえます。

 

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop