屋根・外壁塗装工事完了!! 越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → 屋根・外壁塗装工事完了!!

2020年08月24日

屋根・外壁塗装工事完了!!

本日、吉川市美南のS様邸の一部

バルコニーの塗装以外の屋根・外壁塗装工事が

完了致しまして足場解体工事が行われました。

とても綺麗に仕上がりました。

     ⇓

木造住宅の外壁塗装の劣化サインと塗り替え時期

家を長持ちさせるためには、

適切な頻度で外壁塗装の塗り替えを行うことが重要です。

目安としては築10年が塗り替え時期となります。

外壁にはさまざまな劣化サインがあります。

もし以下のような劣化を見つけたら、

早めに塗り替えをすべきです。

外壁塗装の劣化や痛みを早い段階で発見することで、

塗り替え時の塗装費用の節約にもつながるのです。
外壁にカビや汚れがある

外壁が劣化すると水分が付きやすくなり、

それがカビやコケの発生などの汚れに繋がります。

外壁の中でも特に日当たりや風通しの悪い場所には、

カビやコケができる可能性が高まります。

外壁にチョーキング現象が起きている

チョーキング現象とは、外壁の表面をこすった時に、

チョークの粉のような白い粉がつく現象のことです。

外壁塗料が劣化し、防水効果がなくなるとチョーキング現象が起こります。

外壁に変色がある

紫外線を多く浴びたことにより、

外壁が変色したり色あせたりするのも劣化サインのひとつです。

塗装表面につやが無いので、見た目にも汚く見え、汚れもつきやすくなります。

外壁にひび割れ・クラックがある

外装にひび割れ、クラックができるのも、

外壁塗料の劣化サインです。

特に幅が広く深いひび割れがある場合には、

下地ごとひび割れを起こしている可能性が高くなります。

その場合、雨水が内部に浸透しやすくなり建物の劣化を進めてしまうので、

早急な塗り替えが必要です。

外壁に膨らみや剥がれがある

外壁塗装時に外壁に水分が残っていたり、

湿気の多い時期に施工したりすると、

塗装が膨れたり剥がれたりという劣化に繋がります。

外壁塗装の剥がれやめくれを放置すると下地が傷み、

そこから外壁の腐食が進んでしまうため、

早めに塗り替えをすることが重要です。

木造住宅の外壁塗装の流れ

木造住宅の外壁塗装の流れを順番にご紹介します。

足場作り

まず外壁のまわりに作業用の足場を組みます。

足場を作る費用も外壁の塗り替えに掛かるコストとして

計算に入れておく必要があります。

高圧洗浄

外壁や屋根など塗り替える部分を洗浄します。

高圧洗浄機を使って、外壁にたまった汚れやカビ、

コケなどを落としていきます。

養生

ドアや窓など塗装しない部分をビニールなどで覆って養生し、

塗料の飛びや汚れの付着を防ぎます。

下地処理

塗料を均等にのせるために、まず下地の処理を行います。

具体的には目地の部分の補修や、塗装のひび割れや膨れ、

剥がれの処理などをします。

外壁の塗装

外壁を塗装します。

下塗り、中塗り、上塗りと三度塗りをするのが基本です。

軒天→外壁→屋根→雨どいなどその他部分、

という順番で塗っていくことが一般的です。

養生はがし・足場解体

塗装が終わったら養生をはがし、

足場を解体して外壁塗装の塗り替えは完了です。

 

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop