耐圧盤と土間の違い 越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → 耐圧盤と土間の違い

2020年08月03日

耐圧盤と土間の違い

耐圧盤は基礎の一種であり、べた基礎とも呼ばれます。

基礎は、上部構造の壁や柱と連結して、荷重や地盤からの反力に対抗する構造体ですから、

当然、構造上の荷重を分担するし、そのために、分厚く、多量の鉄筋が組み込まれています。

一方、土間コンは、基礎ではなく、単に土の表面に放ったコンクリートに過ぎず、

いわば表面舗装です。ですから、薄っぺらで、鉄筋の入って無い場合も多く、

構造計算上、その耐力は無視されます。

逆に、中途半端に鉄筋を入れて他の構造部材と連結すると、かえって無用な力が加わり、

構造的に不利になるので、わざわざ、基礎梁等から切り離しておいたりすることさえあります。

ちなみに構造上、荷重を分担する床コンクリートは、

わざわざ「スラブ」呼んで、土間コンとは明確に区別されています。

ハウスメーカーの営業マンなどは、この区別がわからず、

単に住宅の床下全体に打った土間コンを、

「べた基礎」やと言ったりしますが、実は、それは間違いです。

本物の基礎なら基礎立ち上がりの後にコンクリートを打つことはなく、

もっと大量の鉄筋が上下2段に配置されなくてはなりません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop