基礎配筋検査 越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → 基礎配筋検査

2020年07月30日

基礎配筋検査

本日、越谷市大林分譲B号棟の

基礎の配筋検査を行いました。

配筋検査とは

鉄筋の径(太さ)、種類、鉄筋の間隔、鉄筋と鉄筋の固定の間隔

かぶり厚さ(コンクリートを打った後の鉄筋からコンクリート厚さ)など

それらに間違っていないかをチェックしていきます。

専門的な所で用語も難しいので気になる方はお尋ね下さい。

この検査は、とても重要です。

基礎の中に隠れてしまう鉄筋が

設計通りに組み上げられて初めて予定の強度が出ますので

間違っていれば、予定の強度が出ないという事です。

また、後からの点検は難しいので、このタイミングしかないわけです。

鉄筋がまっすぐに通っているかも重要です。

たまに、ヨレヨレの鉄筋を見かけますが格好も悪いですよね!

この検査に合格後、コンクリートの打設へと進んでいきます。

第三者検査機関検査員の目でチェックしています。

基礎工事の現場を見かけたらそういったところを意識して見てみると

強い基礎、弱い基礎が見てわかるようになります。

 

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop