1,868円の買い物をするとき人はふつう財布からいくら出すだろうか? 越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → 1,868円の買い物をするとき人はふつう財布からいくら出すだろうか?

2019年08月20日

1,868円の買い物をするとき人はふつう財布からいくら出すだろうか?

最近はコンビニでもなんでも○○ペイなんぞで支払うことが多くなってきました。
財布の中の小銭をまさぐるわずらわしさからは解放されたものの、人間から大事な能力が失われていくのではないかとひとり心配しています。
それは代金を支払う能力です。
私の妻の話をします。
学生時代にレジ打ちのバイトをしていた妻はコンビニやハンバーガーショップの支払のときに信じ難い特技を発揮します。
例えば少し前のこと、遅めの昼食をとろうとしてフレッシュネスバーガーで注文をしていた時のことです。2人分のハンバーガーとドリンクで1,868円を請求された妻は、手慣れた手つきで財布からお札と小銭を取り出しました。僕は、ここのハンバーガーは美味しいけどちょっと値がはるな、などとぼんやり思いながらとなりで支払の様子を見ていたのですが、突然、不思議なことに気づいて声を上げそうになりました。妻がトレーにのせた代金が意外にも2,073円だったからです。1,868円の代金に2,073円を支払うというのはなんだかおかしい(ですよね?)。店員さんの小銭を数える人さし指も一瞬止まったようでした。しかし、本当の驚きはその直後に待っていました。機械的な処理を済ませた店員さんが差し出したおつりは205円。たった3枚の小銭だったのです。シンプル! 美しい!
思わずブラボーと叫びたくなるような瞬間でした。
僕なら1,000円札2枚を出して、132円のおつりをもらうか、
せいぜい2,070円を支払って、202円のおつりをもらうかのどちらかだろう。
前者なら財布の中の小銭は単純に6枚増えることになります。
後者なら、支払に小銭を3枚出して、おつりで4枚かえってくるから、財布の中の小銭は1枚増えることになる。
しかし、妻の支払だと、(50円玉は必ず使うと考えても)-6+3となるから、財布から小銭は3枚減ることになる。
恐るべし、妻。
いったいどんな風に頭を回転させれば、こんな計算ができるのだろうか? しかも瞬時に?
残念なことに、この能力は妻の属性となっているらしく、対象的に表現することができないのだそうです。
きっとこの計算を極めれば、1,758円の買い物に2,313円を支払い、555円のおつりを受け取るという、芸術的にして奇術めいたペイメントも可能になるに違いないのだが。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop