注文住宅と建売住宅の違い 越谷市の不動産ジャストホーム

TOP → ブログ → 注文住宅と建売住宅の違い

2022年06月13日

注文住宅と建売住宅の違い

「注文住宅と建売住宅の違いって何だろう」

「自分は注文住宅と建売住宅、どっちに向いているのかな」

新築の一戸建てを検討する際、注文住宅にするか建売住宅にするか、

自分はどっちが向いているのか、迷いますよね。

そこで今回は、注文住宅と建売住宅の違いと、

それぞれに向いている人の特徴についてお話します。

注文住宅は、建物を建築士に設計してもらったうえで、

施工会社との間に建築工事請負契約を結んで建物を建てる方法です。

相続などで土地が既にある場合は、

そのまま建物だけを注文住宅として建てることが一般的です。

土地が無い場合は、土地を買ってから注文住宅を建てることになりますが、

土地には建築条件付きの土地と、建築条件無しの土地の2種類があります。

建築条件無しの土地は自由に施工会社を選べますが、

建築条件付きの土地は、あらかじめ施工を依頼する会社が指定されています。

建売住宅は、土地と建物をセットで購入する方法で、

既に土地に建物が建っている場合がほとんどです。

ただし、土地にまだ建物が完成していない建売住宅もあります。

この場合でも、設計の変更はできないケースがほとんどです。

注文住宅に向いている人の特徴は、以下の通りです。

・時間をかけて、家づくりにこだわりたい方

・希望のデザイン・素材・設備・工法などがある方

一方で、建売住宅に向いている人は以下の通りです。

・間取りやデザインの選択肢が多いと困る人

・家づくりの時間や手間は省きたい人

注文住宅は建売住宅に比べて自由度が高く、

欲しい設備やこだわりの間取り・デザインを実現しやすいです。

家づくりに手間や時間はかかるかもしれませんが、

この選ぶ工程が注文住宅の醍醐味であり、家への愛着の根源になります。

ご自身や家族の希望を存分に反映させた、快適な家づくりがしたい方は、

ぜひ当社のホームページをのぞいてみてください。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
アーカイブ
Web来場予約特典!!

Web来場予約特典!!

QUOカードプレゼント!!

360°パノラマ体験

360°パノラマ体験

家にいながらリアルに体験!

今週のチラシ案内

今週のチラシ案内

最新情報はコチラから

スタッフブログ

スタッフブログ

Justhome Staff Blog

建築工法・設備

建築工法・設備

Justhome Style

お問い合わせ

pagetop